ニキビケアのポイント

思春期から大人になっても悩まされるニキビ。朝起きて鏡をみたら赤いポツポツを発見し、ブルーな気持ちになってという経験のある人も多いのではないでしょうか。

皮脂が過剰になり、ホルモンのバランスが崩れやすい思春期ニキビ、ストレスや睡眠不足がお肌にすぐに出る大人ニキビ、ニキビにもさまざまな種類がありますが、ニキビができる原因を探ることで、ニキビができにくい肌を作ることも可能です。

ニキビを予防するには、内側からのサポートと外側からのサポートの両面で行うことが理想的。内側からのサポートの代表的なものは、食事内容の改善です。美肌効果のある食材を積極的に取り入れて、少しずつニキビのできにくい肌を作り上げていきましょう。ニキビで悩んでいる人は、肌の新陳代謝を活発にするビタミンA、脂質の代謝を抑えるビタミンB群、色素沈着したニキビ跡に効果があるとされるビタミンC、ホルモンバランスを整えるビタミンEなど、ビタミン類は必須です。

外側からのサポートとしては、バリア機能を高めることが重要だと聞いたことがある人も少なくないのでは?では、なぜバリア機能を高める必要があるのでしょうか。思春期ニキビにも大人ニキビにも関係のあるバリア機能。知っているようで知らないニキビとバリア機能の関係をきちんとチェックしておきましょう。ニキビのない肌は肌に影ができにくく、肌の色が1~2トーン、明るくなったように感じられます。バリア機能の高め方を知って、ニキビ知らずの美肌を手に入れましょう。