ニキビの原因

ニキビになる原因は、生活環境や年齢によるものなどさまざまにありますが、特に多いものをピックアップしてみましょう。自分のニキビに思い当たるものがあるかもしれません。

思春期ニキビに多いのはホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスとニキビには深いつながりがあると言われます。ホルモンバランスは、睡眠時間や生活時間のズレなどのちょっとした変化で崩れてしまいます。ニキビ予防には規則正しい生活が鍵になります。

大人ニキビの代表理由でもあるストレス。ストレスを感じると、皮脂が過剰に分泌されたり、肌のバリア機能が低下したりしてニキビができやすくなります。睡眠不足もニキビに繋がります。寝ている間に肌は回復するので、睡眠は美肌作りには欠かせない要素のひとつです。

肌のバリア機能が失われると、乾燥肌になってしまいがちです。ニキビは過剰な皮脂の分泌が原因になるというイメージから、乾燥肌はニキビができないと思われがちですが、乾燥肌も結果的にニキビを引き起こしてしまいます。また、ニキビを悪化させる原因には、アクネ菌やマラセチア菌があります。早期に治さないとニキビ跡が残ってしまいます。肌のバリア機能とともにターンオーバーしやすい肌作りが大切です。