バリア機能を高めるには

ニキビ予防のためには肌のバリア機能を高めることが必要不可欠ですが、バリア機能を高めるためにできることとは何でしょうか。

バリア機能が低下し、肌の水分が失われることで皮脂が過剰に分泌してしまいます。そうならないようにするには、角質層から水分が失われないようにしなければいけません。バリア機能を低下させないためには、保湿の高いスキンケアがキーワードになります。お風呂上りの保湿は特に重要で、入浴後3~5分以内に保湿剤を塗るようにしましょう。5分以上経ってしまった場合には、再度化粧水などで水分を補給させてから保湿することをおすすめします。

肌の洗い方にも注意が必要です。角質層を傷つけないように、ゴシゴシ洗いは避け、しっかりと泡立てた泡でやさしくなでるように洗います。洗浄力が強すぎるものや二度洗いなども角質を傷付けるので注意しましょう。

肌のバリア機能を高めて美肌を作るには、内側からのサポートも重要です。肌や粘膜を健やかに保つビタミンA、新陳代謝を高めるビタミンE、肌荒れをおさえて細胞の再生をサポートするビタミンB、コラーゲンの生成に役立つビタミンCなどを積極的に食事に取り入れましょう

ニキビの無い肌は明るく見えるだけでなく、気持ちも前向きに明るくしてくれます。肌を保湿し、美肌作りをサポートする食品を積極的に取り入れ、肌のバリア機能を高めてニキビ肌とさようならしましょう。

関連サイト…みんなの肌潤糖